FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

主人のお給料が不安定で、しかも最近カットになっちゃったんです。
元々が少ないお給料が・・・、もう最悪です。
「あなたのお小遣い無しね」って主人を苛めたんだけど、でも主人にはしっかりと仕事をして欲しいし、やはり私がお金を稼がなくちゃって考えたんです。

そこで、近所の産婦人科の受付のパートに出掛ける事にしたんです。
院長先生は舘ひろし似の渋い二枚目で、結構私の好みのタイプで、見つめられるだけで、ジュンと濡れてきそう。
そんな先生から声を掛けられたんです。
「奥さん・・受付のパート代は安いでしょう・・どうですか、月10万で・・・・」
私は二つ返事でOKしちゃいました。
だって、素敵な先生に抱かれて、10万円貰えるなんて、断る理由がありません。

で、その日の内に、早速ホテルへ直行しちゃいました。
この先生、女の人の、あ・そ・こ・を舐めるのが好きみたいなんです。
全裸になった私をベッドの端で四つん這いにしてお尻を上げさせ、脚を大きく開かせてベッドの下から私のあそこを舐めまわすんです。
ああ・・恥ずかしい・・でも、10万円の為に、我慢、ガマン・・。

「先生、いつもお仕事で女に人の・こ・こ・を見てるのに飽きないんですか?」
私、その先生に聞いてみたんです。
「だから、気分を変える意味でこうやって角度を変えてバックから見ながら舐めるんですよ、普段はゴム手袋しているしね、それから舐めることは出来んからな」
「ううん、そう言われてみれば、確かにそうだわ・・診察中に舐められたら問題だわ」
私ったら妙に納得しちゃったんです。

「くうぅ・・・やっぱり若い人妻の綺麗な花園はいいよなぁ」
私の自慢のヒップを撫でまわしながら、私の可憐な花のピラピラを舌でペロペロと美味しそうに舐め続けます。
今度は可愛い花の芽を指でクリクリされて、
「ああ・・だめぇ・・先生・・気持ちい・い」
私、大きくお股を開いて、お尻を突き出しちゃったんです。
少しずつ感じてきちゃって、あそこが濡れてくるのが自分でも解るんです。

「ううんん、可愛い若妻さんのお汁はやっぱり美味しいなあ」
先生、花弁を開くと中に舌を差し込んで、益々しつこく吸ってくるのです。
「ああ・・感じるぅ・・」
悔しいけど主人よりずっと上手くて、完全に感じちゃってます。

やがて、先生の舌がアナルを舐め始めるんです。
「やだ・・だめですぅ・・そこは・・・」
お尻を振りながら、私は甘い声をあげて抵抗したんですが、
「いいじゃないですか・」
更にお尻の穴を広げるようにして、舌まで差し込んで来ます。
「ああ・・だめ・だけど・・い・い・・・」
段々変な気持になってきます。


「ああ・・・先生・・入れて下さい・・」
ああ、ついに我慢できなくなって、私の方からおねだりしちゃいました。
「後ろのアナにですかな・・・・奥さん・・」
「ああ・・ち・違います・・前のアナですぅ・」
ああ、恥ずかしながら、はしたない言葉まで言わされてしましました。

先生はバックから挿入してきました。
「奥さんのよく締まりますな・・、ああ・この感触・たまらんわい・・」
後ろから突きまくられました。
「ああ・・ん・・いやあぁ・・・・」
私は大声あげて往きまくっちゃいました。
先生も、私のあえぎ声に益々興奮しちゃったみたいで、グイグイと・・・。
「ああ・・いくぅ・・・」
私は天国へ召されてしまいました。


こんなの興奮してたまらない(笑)
「ウフフ・・・だめ・・・そんなに慌てなくても・・逃げたりしないわよ・・」
まるで子供をあやすかのような美希の仕草が益々若い佐久間の股間を刺激する。
「バックがいいわ・・」
勇人の体を押し退けると自らソファーの背もたれに手を付き、喪服に包まれたその豊満なヒップを突き出した。


勇人の手によって露になった喪服の中からは鏡餅のような真っ白い二つの肉の塊が顔を覗かせる。
「クウッ・・堪りません・・」
両手でムチムチの尻肉をもみし抱きながら、その中心にある蜜園へと舌を侵入させる。
既に大陰唇はポッカリとおおきな口を開けて勇人の舌の侵入を容易に受け入れた。
「ああ・・だめ・・そんなことされたら・・感じちゃう・・」
久し振りに男からクンニを受けて美希は一気に乱れ、オスを誘うようにヒップを左右に振り立てる。

「ねえ・・・速く・・入れて・・」
「解りました・・後でゆっくりと舐めてあげますから・・」
直ぐに若くてたくましいペニスが誘われるようにして塾女妻美希の蜜園へと侵入していく。
「ああ・・いい・・突いて・・」
眞矢みきに似た顔を振り向かせながら、若い勇人を急き立てる。

「クウッ・・部長・・そんなに締めたら・・もも・・もちません・・」
「だめ・・だしちゃ・・・・」
「・・ああ・・・」
喪服姿の人妻を後ろから犯すと言う日頃夢見ていたシチュエーションに興奮状態の極限に達した勇人はたまらずに呆気なく爆発してしまった。

「もう・・だめね・・若いんだから・・もと・・頑張ってよ・・こんなんじゃ、今度の査定は・・・」
美希は不満げな顔で振り向きながら甘い声を発する。
「解りました・・続けていきますから・・時間じゃなく回数で査定して下さい。」
若い勇人は一度放出しても硬度を保ったまま、二度目の爆発に向かってまい進する。

「パンパンパン・・」
激しい腰使いを受け、美希の豊満な尻肉が心地よい音を立てる。
「そう・・そうよ・・その調子よ・・一杯突いて・・ああ・・あああ・・」
勇人の腰使いに合わせるように甘い声を漏らしていた美希はやがて最初の頂点を迎えようとしていた。
「ああ・・い・い・くう・・いくううぅ・・」
「ああ・出るう・・」
今度は二人同時に昇り詰めていった。

「喪服が皺になっちゃうわ・・」
一呼吸置いて悦楽の世界から正気の世界に戻ると、美希は自ら帯びを解き喪服を脱ぎ捨てると、勇人の目の前にその見事なまでに熟した裸体を晒した。
そしてその肉体の迫力に圧倒され唖然としている勇人をソファーに押し倒すと、自らその体に馬乗りになり硬さを取り戻した男の肉棒を己の蜜園に宛がい、ゆっくりと腰を静めていった。
「ああ・・・最高よ・・佐久間君・・全て忘れさせて・・」
その見事なまでの釣鐘型の巨乳を大きく上下せながら激しく腰を使い悶え続ける。

「ああ・・最高です・・部長・・もう・・俺・・このまま死んでも・・いいです・・」
騎乗位で激しく攻め立てられ、下から美希の巨乳を揉みしだきながら勇人は本気でそう思うのだった。
「ああ・・また・・いく・・い・く・わ・・」
再び昇り詰めた美希が体の上に崩れ落ちると同時に勇人も三回目の爆発を迎えた。
「ほんとに死にそうだ・・」
勇人は今までのSEXでは味わった事のないような幸福の絶頂感を味わいながら意識が薄れていくのであった。

おわり★
「人間なんて呆気ないものね・・・・生きているうちに、やりたいことやって、人生楽しまなくっちゃ損だわねぇ・・・」
助手席に座った翠川美希はぼんやりと前を見つめたまま独り言のように呟いた。
「そうですね・・」
普段は活発でヤリ手の女部長の意外な一面を見たような気がして、ハンドルを握る佐久間勇人はどう答えていいのか解らず、眞矢みきに似た美しいその横顔をチラリと見ながら、ただ曖昧な言葉を返すしかなかった。

「佐久間君・・ちょっと寄っていかない?・・お清めしましょうよ・・お塩じゃなくアルコールで・・うふふ・・どう?」
「ええ・・でも・・」
「気を使うことないわ・・主人はゴルフだし、私一人なの・・」
「そうですか・・じゃあ・・ちょっとだけ・・」

とある土曜日の午後、S商事営業部長翠川美希は得意先社長の葬儀に参列していたのだ。
親しくしていた人の死にショックを受け落ち込んでいた彼女はこのまま一人で過ごすことに寂しさを覚え、運転手代わりに付き合わせた部下の若手社員佐久間勇人を我が家に招いて昼間からグラスを傾けることとなったのだった。

「ちょっと待っててね・・着替えてくるから・・」
「部長・・出来ればそのままで・・素敵な部長の喪服姿をもう少し観ていたいんですけど・・」
「ええ・・?・・なんで・・変な人ね・・・・でも・・・いいわ・・わかったわ・・・・」
ブランデーとグラスをテーブルの上に置くと、喪服姿に包まれたその見事なまでに熟れた女体をソファーに沈める。

「男性って、喪服姿の女性に魅力を感じるって言うらしいけど、どう?私の喪服姿・・そそるかしら?」
酔いが廻ってくると眞矢みき似た顔に色っぽい笑みを浮かべながら勇人をからかう様に囁きかけてくる。
「ええ・・もう・・最高っす・・部長の喪服姿・・」
勇人は既に反応をし始めている己の下半身を手で隠しながらモジモジと答えるのだった。
「うふふ・・佐久間君・・可愛いわね・・」
やがて勇人の横に体を沈めると、誘うような笑みを浮かべながら勇人の肩に顔を埋めるようにしてにもたれかかると、その手が勇人の太ももの上を怪しく蠢き始めるのだった。

「・・抱いて・・」
やがて美希の口から発せられた甘い声に一瞬勇人は自分の耳を疑った。
「佐久間君・・私のこの体・・欲しくない?・・」
勇人の顔を見上げ甘い誘惑の言葉を呟きながら既に固くなった男のシンボルをズボンの上からゆっくりと摩り始める。
「・・・ほ・欲しいです・・」
とうとう我慢の限界を超えた勇人は慌ててベルトを外すとその場にズボンを脱ぎ捨て、その若さをぶつけるように熟れた女体に襲い掛かった。
ついこの間ね、気になっていたロシア料理屋さんで一人でディナーしたの♪






サラダとロシアの揚げパン「ピロシキ」


ピロシキは大好きなパンだという事もあり即ペロリ


ここのピロシキはコラーゲン入りなんだって嬉しい(笑)






それからつぼ焼き♪上のパイに乗ってるパイに穴をあける



スープは何種類からか選べるんだけど、私は一番こってりそうな

4種のチーズときのこのスープを上のパイにつけながら食べるともう美味!


ピロシキもパイもパンが大好きな私には素敵なディナータイムになりました



また近いうちに行きたいけどディナーはやっぱり男性と一緒がいいな・・・



QS_20110926-111520.jpg


メール待ってます、ここからお願い☆

お誘いしてくれる方待ってます♪


出会いを大切にするセックスレス主婦浮気日記(笑)
セックスレスの主婦は不仲って皆思ってませんか?




私のご近所の奥様は凄くラブラブです、でも夜のエッチは無し。




それは夫婦がお互いにそれで満足しているってことみたいなんです♪




二人とも身体の関係は他の人としてるってこと。



こんな夫婦見た事ないんですけどそういう夫婦も居るんですよ(笑)



QS_20111024-153335.jpg


私もそういった出会いを求めてるんですけど男性の皆様~どうして私にメールくれないんですか!!




ちょっとご立腹ですよ(笑)



早くメールくださいね☆


男性も女性もそういった悩みがある人はどんどんチャレンジは必要だと思いますよ。



私から一言言えるのは深入りしないということ、恋愛はその場限り。



家に帰れば主婦や主人に戻るってことが浮気する秘訣だと思うので



それが出来る人はメールくださいませ~☆


メール待ってます、ここからお願い☆
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。